成人総合科
インプラント科
審美矯正科
細菌検査
小児歯科

むし歯は、むし歯の原因菌が引き起こす感染症です。

もともと生まれたばかりの赤ちゃんには、むし歯の原因となる細菌はまったくいません。

歯の生え始めの頃から3歳までの間に、お母さんをはじめ周囲の大人の唾液を介して赤ちゃんに感染します。このむし歯の原因菌であるミュータンス菌は、一度感染してしまうと「むし歯になりやすい体質」となってしまい、むし歯菌と一生付き合わなければならないやっかいなものです。

しかし、3歳までの間にミュータンス菌に感染しなければ、お口の中で今度はサングイス菌という善玉菌が繁殖し、むし歯になりにくい体質を作ってくれるのです。

赤ちゃんのむし歯予防に最も効果的なのは、
まず周りの大人からむし歯菌を減らすことです。

ミュータンス菌は感染力がとても強く、くしゃみや熱い食べ物をフーフーと冷ます息、お母さんが使っているスプーンで取り分けることでも赤ちゃんに移ってしまいます。

でも移ることばかりが気になって、かわいい赤ちゃんとのスキンシップを制限してしまうのは寂しいことですよね。

最近になって、ミュータンス菌は除菌できるようになってきました。

お父さんやお母さんのお口の中のミュータンス菌が少なければ、日常生活で唾液を介して赤ちゃんに感染するリスクも低くなります。生まれてくる赤ちゃんのために、むし歯菌が移りにくい環境を整えておきましょう。